大 脱走 チャールズ ブロンソン

チャールズ ブロンソン

Add: jabuta15 - Date: 2020-12-11 20:40:54 - Views: 4267 - Clicks: 2699

アメリカの映画俳優チャールズ・ブロンソンはしばしばタフガイ、自警団の役を演じ、次のような映画に出演しました 壮大なセブン (1960), 大脱走 (1963), ダーティダース (1967), メカニック (1972)および 死の願望 (1974). 彼は後にtvムービー版「大脱走」にも出演しているが、こちらではドイツ軍将校を演じている。 大 脱走 チャールズ ブロンソン トンネルを掘ったダニー役のチャールズ・ブロンソンは、役者になる前は炭鉱夫をしていたので、本人は「地でいけた」と語っている。. 【日本公開】 1963年(アメリカ) 【原作】 ポール・ブリックヒル 【監督】 ジョン・スタージェス 【キャスト】 スティーブ・マックィーン、ジェームズ・ガーナー、リチャード・アッテンボロー、ジェームズ・ドナルド、チャールズ・ブロンソン、ドナルド・プレザンス、ジェームズ・コバーン、ハンネス・メッセマー、デビッド・マッカラム、ゴードン・ジャクソン、ジョン・レイトン、アンガス・レニー、ナイジェル・ストック、ロバート・グラフ、ジャド・テイラー、ハンス・ライザー、ハリー・リーバウアー、ウィリアム・ラッセル、ロベルト・フライターク 【作品概要】 小説化ポール・ブリックヒルの実体験をもとに書かれた同名小説を、『荒野の七人』のジョン・スタージェス監督が映画化。 主演には、『荒野の七人』でもお馴染み、スティーブ・マックイーン、そしてチャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーンらトップスターが集結。 また、『マーベリック』で活躍していたテレビスターだったジェームズ・ガーナー、『戦場にかける橋』のジェームズ・ドナルド、英国俳優で映画監督としても名を馳せたリチャード・アッテンボローも出演。 名立たる俳優たちが共演する不朽の名作『大脱走』。第36回アカデミー賞では、編集賞にノミネートされています。. 1958年の『機関銃(マシンガン)ケリー』で主役に抜擢(ばってき)された。さらに『荒野の七人』(1960年)や、 『大脱走』(1963年)などのヒット作に出演し、共に男臭い風貌と巧みな演技が人気を呼んで俳優としての地位を確立。その後の『さらば友よ』や『雨の訪問者』、『レッド・サン』などへの出演で押しも押されもせぬ国際映画スターの仲間入りを果たした。また70年の『狼の挽歌』では愛する女性を狙撃する男の悲しみを演じきった。この映画でもジル・アイアランドが出演しているが、ブロンソンの映画にはジルが出演することが恒例となっていた。72年の『バラキ』では、フランス人俳優リノバンチュラを招き、実在のマフィアを演じた。『ゴッドファーザー』の大ヒットに刺激されて制作された映画だったが二番煎じとはならず、ブロンソンの好演と作品のレベルの高さで好評だった。75年のウォルター・ヒル監督ストリートファイターも人気作品となった。また、ブロンソンは『狼よさらば』 第二次世界大戦終了後の1946年に軍を除隊。美術学校に入学する。ここで舞台の裏方となり、エキストラも経験し芝居に目覚めていく。1948年に友人と共にニューヨークに行き、本格的に演技を学ぶ。生活は苦しく、レンガ職人やウェイターをしながら舞台に端役として出演するようになる。その後、カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のパサディナ・プレイハウスで本格的に演技を勉強する。 1951年『The People Against O&39;Hara』で映画デビュー。当時は本名「Buchinsky」を名乗っていたが、その後「Buchinski」に改名。さらに冷戦を受けてハリウッドに「赤狩り旋風」が巻き起こったことから、当時共産主義圏であった東欧風の響きを持つ名前を避けて、映画『太鼓の響き』からチャールズ・ブロンソンを名乗るようになった。.

大 脱走 チャールズ ブロンソン

email: vywik@gmail.com - phone:(130) 566-2734 x 6329

アウト レイジ 名言 -

-> 泣け へん よ
-> 南国 育ち 声優

大 脱走 チャールズ ブロンソン -


Sitemap 1

小野 健 斗 ゴセイジャー - ポケモン